未分類

大人になるとお正月は楽しくないイベントです

「大人になるとお正月は楽しくないイベントです」子供の頃はお正月って楽しみにしていましたよね。最大の楽しみはもちろんお年玉でした。

もらう前から「今回はこれくらいの額がもらえそう」なんて皮算用して、何を買おうか考えたりしました。

他にもおせちを食べたり、普段中々会えない親戚の子と遊んだりと楽しいイベントでした。しかし大人になるとそうでもないんですよね。

僕の職場の同僚でクリスマスにお腹の調子を悪くしてしまった人がいたんです。

彼女はケーキが好きで、クリスマス用にお取り寄せのケーキも注文していたのですが・・・。

残念ながら気持ち悪くてケーキは食べられず。そして年末年始になっても不調を引きずっていたようで、おせちもあまり食べられなかったようです。

子供の頃はお腹をこわしてもすぐに治ったりしましたが、大人になると治るスピードが遅い。お正月にまで響いてしまうあたりが大人の悲しさです。

体調こそ崩さなかった僕ですが、お正月はちょっと憂鬱なイベントです。

子供の頃はお年玉をもらって喜んでいましたが、大人になると渡す方になるんですよね。

少ない給料から出すのは正直嫌だ。出したくない。

でも、子供の頃に散々もらっておいて自分はあげないっていうのはちょっと・・・。親戚に反感食らいますし、今後の付き合いが大変になりそう。

渡している子供たちの年齢が上がってきていることもあり、毎年出費が増えていきます。

お年玉をもらう子供たちが羨ましくて、ダメもとで母親に「お年玉くれ」と言ってみましたが、「今年で何歳だと思ってるんだ。お前は」とあきれられました。

「仕方ない。本業に加えて最近始めた副業でがんばろう。

そっち方面の方面の収入増やして、自分自身に何か買ってやろう」とちょっと悲しい目標ができました。